iTAKUMi

PROFILE

INOUE TAKUMI

立命館大学産業社会学部を卒業後、日本の伝統工芸に興味を持ち、各地を旅しながら伝統工芸を学ぶ。
その中でも組子細工に強い関心を抱き、自ら製作を開始。
5年ほどの試行錯誤を経てiTAKUMiの立ち上げに至る。

  • 組子細工について

    組子細工について

    組子細工とは書院の間に飾られる建具の装飾です。
    古くは武家屋敷の登場より見られ、現在まで伝わる日本の伝統工芸です。
    釘を使わず木と木を組み合わして作られるためとても高い技術が必要となります。

  • 材料について

    材料について

    国産の紀州檜を使用してます。
    紀州檜は徳川家康が江戸城改装に使用するなど古くからの名ブランド材です。
    その特徴は油分が多く、美しい木目、強度、耐久性に優れている点があげられます。
    仕上げは国産のえごま油による拭き仕上げ。

  • 灯りについて

    灯りについて

    itakumiは伝統工芸である組子細工を
    現在の生活様式に合うインテリアプロダクトとして展開しております。
    組子の中でも代表的な「麻の葉」模様を使用した照明インテリアは各家庭の寝室、
    リビング、玄関などをワンランク上の空間にするアイテムとしてご利用いただけます。

  • 下敷きについて

    下敷きについて

    下敷きは一輪挿しなどの花台、鍋敷き、急須置きなどに使用いただけるアイテムです。
    使用する方のアイデア次第でその使い方はさらに広がる事でしょう。

© 2019 iTAKUMi All rights reserved.